お電話でのお問い合わせ 080-6405-9401

数に興味が出てきています

数に興味が出てきています。

step 2クラスになると、数の活動が出てきます。
数に興味が出てくるのは、この時期。
「1・2・3・4・・・」
数を数えだすと、呪文のように言える数まで言います。
リトミックでは、数をいうのが目的ではなく、
数と量、の関連付けをしていきます。
1と2は、それぞれ量が違う。
そのことを丁寧にいろいろな方法で、伝えていきます。
中には、「先生違うよ」という生徒さんもいますが、そのうち、なんとなくその意味がわかってくるようになります。
step 1とは違い、少し(自ら)考える時間も出てくるのがstep 2クラス。
敏感期とも重なるこの時期。
生徒さんの意見も尊重しつつ、丁寧に指導していきたいと思います。

教室ブログ

2019.7.18

心がピアノにが向かないとき

心がピアノに心が向かないとき

全ての生徒さんがピアノが大好きなわけではありません。
私は、ピアノを弾いてきて良かったこと、大変だったこと、両方とも経験しています。
ピアノはお勉強と似ています。
大変だと感じない生徒さんもいるかもしれませんが、苦痛に感じたり、壁にぶつかり、もがいている生徒さんもいます。
また、環境の変化についていけず、気持ちが不安定な時期は、何もかも嫌!と感じる時期もあるでしょう。
そんな時は、音符積み木を使ってリズムを使ったり、ミュージックベルで音当てしたり、音符カードで〈スピード〉をしたり・・、気分転換を図ります。
遊びの中で、笑顔がでるとホッとします。
調子が悪い時は、来るだけでいい、教室に入ってくれるだけでいい、と伝えます。
練習ができない時期は、そうやって乗り越えます。
勿論、保護者さまにもその旨を伝えて、同意していただいて協力していただいています。
先生である前に、何か困ったときに話をきいてあげることができる人でありたいと思っています。

教室ブログ

2019.7.17

集中して落ち着いています

集中して落ち着いています

step2クラス
敏感期真っただ中の〇君。
敏感期は、俗にいう〈イヤイヤ期〉。
妙なこだわりにお母さんが振り回される時期です。
脳が正常に育っている証拠なのですが、よく理解できない言動に悩まされる時期。
〇君は、自分でしたいことがはっきりしています。
それを中断されたりすると混乱して、泣いてしまいます。


『どうぶつパズル』の活動。
パズルをバラバラに置き、こちらからの指示で右と左のパズルを合わせていく。
「うさぎ!」というと、うさぎを探しだし、うさぎのパズルを完成させました。
その過程に、〇君なりのこだわりがありました。
パズルを見つけたら、絵合わせしながらゆっくり歩き、同じ場所にそのパズルを置いていく。
お母様と見守って、できたらたくさん褒めました。
認められた、と感じた〇君。その後の活動も集中して、穏やかに活動してくれました。

教室ブログ

2019.7.16

第19回子育てトークつまみぐい

第19回子育てトークつまみぐい

先日開催しました<第18回子育てトークつまみぐい>は、

定員を越えるご応募をいただきました。受講していただきました皆様ありがとうございました!

次回の<第19回子育てトークつまみぐい>は、11月上旬を予定しています。

当方は、都合によりアドバイザーとして参加できません。代替をお願いしています講師にリトミックを担当していただきます。次回も楽しい、勉強になる会となること間違いありません。ご期待ください。

また、詳細が決まり次第ご案内させていただきますので、宜しくお願いいたします。

子育てトークつまみぐい

2019.7.15

TOP