お電話でのお問い合わせ 080-6405-9401

リトミック研究センター認定教室のカリキュラムは

カリキュラムに添ったレッスンの成果

最近、リトミックの先生方からリトミックの指導に関する相談を受けることが増えました。

「カリキュラムをこなすことでいっぱいいっぱいなので、自分で別の活動に繋げたり、発展させることができません。」

リトミック研究センターの認定教室では、月齢別でカリキュラムが組まれています。
リトミックだけでなく、その月齢で獲得したい運動能力や数、社会性なども、さまざまな活動を通して学んでいきます。
ですので、カリキュラムをこなすことは、とても大切になってきます。
プラスアルファで何か楽しい活動に繋げたり、独自のリトミックレッスンの色を出したり、ということは、教室の魅力になるのですが、基本の柱はカリキュラムを修了することです。
間違っても、プラスアルファが全面的に出てはいけないと考えています。

なので、カリキュラムをこなせば合格なのではないか、と伝えます。
リトミック研究センター認定教室であれば、全国同じことを行っていますので、引っ越しをしても、教具を買い替えたりすることもありませんし、活動の内容も同じなので、心の負担も軽くなります。

実際、私も2年くらいは本に書いてあることしかできませんでした。
気持ちは大変理解できますが、特別感を出さなくても、まじめにレッスンに向き合うことで、必ず生徒さんの音楽的な能力は伸びます。

経験が浅くても、レッスンに対する情熱と、生徒さんに対してまじめに向き合る気持ちがあれば、何らかの成果が現れます。
それほど、認定教室のカリキュラムは素晴らしいものなのです。

指導案を何度も読み込んで、レッスンを重ねることが大切だと思います、と(悩んでいる先生方に)伝えています。

 

教室ブログ

2021.8.3

リトミックがないと怒るんです

リトミックがないと怒るんです(保護者さまの声)

先日、こどもが登校中救急搬送で運ばれ、熱があったことからPCR検査を受けることになりました。
腹痛が原因ということはわかっていたのですが、念のためレッスンは振り替えていただくことにしました。
幸い検査結果は陰性。1日入院したものの、腸の痛みによるもので、すぐに退院することはできました。
生徒さんには、大変ご迷惑をおかけして申し訳なかったです。
突然お休みになったため、あるお母様が
「レッスンがお休みになったみたいよ、と○に言ったら、なんで!ってすごい怒っていました(^^;」
そんなにレッスンを楽しみにしてくれていたなんて、嬉しかったです。

全員が快く振替をしていただきました。
急なことで、大変ご迷惑をおかけしました。
また、いつもいろいろな形で支えていただいて、感謝申し上げます。


教室ブログ

2021.8.2

自分の手や身体を使って

自分の手や身体を使って

子どもは動いて学ぶ

モンテッソーリ教育の本を何冊か読みましたが、とても印象深い言葉で、レッスンで指導するときに、いつも心に留めている言葉でもあります。
子どもは、もともとほとんどのことができる力を持ち合わせています。
なので、大人の役割はその子がしたいように見守り、できるようになるように少し手伝ってあげます。
その時は、かならず「手伝っていい?」と許可をとります。
これは意外と難しいことで、つい何も言わず「代わりにやってあげる」というお節介をしがちです。
ピアノで見本を弾くときも、「弾いていい?」と許可を取らないと、かんしゃくを起こしたりと大変なことになることもあります。

私は、何をするにも未完成で準備を終わらせます。
最後の仕上げは生徒さん。
「自分で仕事を終えた」感覚がある生徒さんは、俄然やる気になるのと、最後まで自分でできた達成感があります。
似ているところでいえば、自分で種をまいて、水や肥料をやり、野菜などを収穫する喜び、です。
何でもしてあげるのではなく、自分の身体の筋肉を使って動くことで、子どもはいろいろな学びを手にすると感じています。

教室ブログ

2021.8.1

お月謝値上げまであと1ヶ月(リトミック)

お月謝値上げまであと1ヶ月(リトミック)

2021年9月まであと1ヶ月となりました。
9月以降のご入会からリトミックのお月謝が変更となります。

詳しくは〈重要なお知らせ〉をご覧ください。

7月は数件のお問い合わせをいただきました。
リトミックの値上げの件のお問い合わせもありました。
ご興味がありましたら、早めのお問い合わせをご検討ください。
また、お問い合わせはLINE公式アカウントが便利です。ぜひご検討ください。

LINE公式アカウント
友だち追加

音楽教室, 教室からのお知らせ

2021.7.31

TOP