お電話でのお問い合わせ 080-6405-9401

ピアノは何歳から教えていただけますか?

ピアノは何歳から教えていただけますか?

体験レッスンのお申し込みの際、よく聞かれる質問です。
「ピアノは何歳から教えていただけますか?」

実際に教える年齢は、年中さんからです。
希望を言えば、年長さんや一年生からをお勧めしています。
保護者様の強いご希望がある場合は、年中さんから指導しています。
年少さん以下のお子様には、リトミッククラスをご案内させていただいています。

教室からのお知らせ

2020.7.4

リトミックを通して

リトミックを通して

リトミックを習うことにより、確実に「〇〇ができます」と断定することはできません。
勿論、音感がついたり、リズムを捉えるのが得意になったり、表現力がついたり・・リトミックを習うことにより、できることが増えることはたくさんあります。
しかし、全ての生徒さんに同じような効果が出る、というわけではありません。

リトミックの時間では、毎回「自ら考える」時間を与えます。
得意な子・不得意な子がいますが、次第に全ての生徒さんができるようになります。
面白い方法を考える。
できる方法を考える。
表現方法を考える。
また、それは一人で行うだけでなく、グループレッスンの場合「お友達と考える」こともあります。
講師が一方的に与えるだけでなく、一歩引いて見守ります。
人は生きていくうえで、問題解決するために日々考えて生きていかなくてはいけません。
それは、一人でできる場合とそうでない場合があります。
幼児期からそういった機会をたくさん与えることで、自律することができると考えています。

教室ブログ

2020.7.3

生徒さんのレッスン中におけるマスク着用について

生徒さんのレッスン中におけるマスク着用について

梅雨に入り、ムシムシして暑い日々が続いています。
新型コロナウィルス対策として、マスク着用をお願いしていましたが、
熱中症の恐れがあることから、生徒さんについては、(生徒さんの)マスクは着用しないようにお願いしています。
※ピアノの生徒さんは小学生以上の生徒さんには、できるだけの着用をお願いしています。
当方は、一度マスクを取ったら、違うマスクをつけるように心がけています。
また、夏用マスクや透明マスク(注文中)をつけることで、体調管理を行いたいと考えています。

教室からのお知らせ

2020.6.30

カノンに挑戦(レッスン動画)

カノンに挑戦(レッスン動画)

ピアノコース、ご兄弟でレッスンに来てくださっています。
今回のレッスンのテーマは聴音。
簡単ではありますが、初めて12小節の聴音に挑戦してもらいました。

  1. 聴音
  2. 楽譜を見ながら、デスクベルで個別で演奏
  3. メロディーの4度上を演奏
  4. 2人で演奏
  5. 3か所、リズムをアレンジして演奏
  6. 原曲を2小節遅らせてカノンで演奏

動画は5を演奏しています。
自分でアレンジを考えたり、2人で何度も練習したりと、
受動的なレッスンになりました。

教室ブログ

2020.6.18

TOP