お電話でのお問い合わせ 080-6405-9401

ピアノ指導のしやすさ


ピアノ指導のしやすさ

リトミックの生徒さんは、小学生リトミックかピアノコースに進級します。
小学生リトミックコースの生徒さんも、ピアノもレッスンに取り入れています。
小学生リトミックは、少人数で行っていて、ピアノを個人で10~15分、リトミックをグループで30分・・という時間配分で行っています。

リトミックを経験している生徒さんは、とても指導がしやすいと感じています。
あまり言葉をかけなくても、理解度が高く、拍子感や拍感というのは、自然に感じ取ることができます。
音への理解が深まると、さらに指導しやすくなります。
ピアノの生徒さんが引っかかる複リズムやリズムの表現は、リトミックの生徒さんには容易にクリアできます。

私は、ピアノレッスンの際、あまり言葉をかけないようにしています。
勿論、まったく手が出ない課題については、課題を見える化したりしますが、リトミック経験者の生徒さんには、ほとんど声掛けしない場合もあります。
それは、耳が良いので音の間違えに気づいたり、和声進行上、音の間違えに関してとても敏感になります。
追視力と情報処理能力の高さも影響しています。

自らの気づきがあるため、わざわざ私が指摘することがないのです。

小学1年生の○ちゃん。リトミック歴3年目の生徒さんです。
先日のピアノレッスンの様子です。
右手を一回弾いた後、楽譜を見渡し「これ簡単かも」と言った○ちゃん。
ほぼ初見でしたが、動画を撮りました。
間違えてはいますが、自分で楽譜を見て理解して、弾いているのが分かります。

今でこそ、このような経験は多いですが、初めてリトミックがピアノレッスンに及ぼす良い影響を実感したとき、「本当にリトミックってすごい」と感動しました。

指導のしやすさにより、生徒さんをよく観察して何が必要か、考える余裕が生まれます。
導入期の指導に関して、行き詰まりを感じている先生もきっと多いはず。
全てのピアノの先生方にリトミックを知ってほしい、と切に願うのです。

 

小学生リトミック生徒さん

教室ブログ

2022.9.17

コメント一覧

コメントを残す

TOP